≪スポンサーリンク≫

【カード盗難・紛失対策・現地生情報】
◇盗難紛失対策を万全に!画期的なカードをご紹介 ◇口コミサイトを活用しよう!ホテル・食事・お土産等
ホーム » フランス » アニメ「進撃の巨人」のモデルとなった街|中世の城塞都市カルカッソンヌ

アニメ「進撃の巨人」のモデルとなった街|中世の城塞都市カルカッソンヌ


カルカッソンヌを見ずして死ぬなかれ!

カルカッソンヌは南フランス、ピレネー山脈の北側にある中世の街です。

カルカッソンヌ.jpg

古代ローマ時代に要塞(城塞)都市が建設されたことで有名です。
世界遺産(文化遺産)には1997年に登録されています。


ご当地、フランスでは、

「カルカッソンヌを見ずして死ぬなかれ」

と言い伝えられていてこの街の中世のロマンに惹かれ、年間約300万人もの人々がこの街を訪れているのです。


周囲は約1.7km・・・。
本当に小さな街です。


なぜ、この街に300万人もの人々が訪れるのしょうか?
*進撃の巨人が流行ったからではありません。

南フランスの要衝の地、カルカッソンヌの周辺は古くから略奪や戦いが繰り返されてきました。

その防備のために街の周りは2重の城壁が巡らされているのです。


城塞都市であるこの街は人気アニメ「進撃の巨人」のモデルの街とも言われています。


城壁には、絶えずを見張りが配置されていて、常に敵の攻撃に備えていました。

城壁は古代ローマ(3世紀)の時代から築かれていて、13世紀になってから、それが2重に補強されました。



塔に開いた細長い穴は、内側から矢を放つための穴です。

塔上の見張りは怪しい人影を見つけると、床に開いた穴から下階の兵士に知らせました。

カルカッソンヌ2.jpg

そうして、急いで城門を閉めさせるのです。


街の中に入ると、そこはもう中世の街です。

中世ロマンあふれるこの街は、モン・サン・ミッシェルに次いで観光客の多いところです。
既述のとおり年間300万人もの人々が訪れます。


実のところ、19世紀の中ごろまで城壁は荒れ放題でした。
それは住民達が建築資材として城壁の石を持って行ってしまったからです。


フランスの建築家、ウジェーヌ・ヴィオレ・ル・デュクがその修復に乗り出しました。
彼はヨーロッパの城壁都市の保存の重要性を訴えて、その修復に尽力した人物です。


城壁修復は人々の意識を変えることになり、街並みも中世のまま残されるようになったのです。


『カルカッソンヌを見ずして死ぬなかれ』の言葉どおり中世ロマンを求めて、また中世の騎士物語に思いを馳せて、フランス人はこのカルカッソンヌを訪れるのです。



さて、ヨーロッパにはカルカッソンヌの他にも、中世の都市はたくさん残されています。

しかし、このカルカッソンヌの夜景は別格です。

カルカッソンヌ夜景.jpg

素朴な中世の城塞都市。


素晴らしい夜景を見ながら、お二人で夜の城壁を散歩するのも素敵ですよ。

夜景を見ずしてカルカッソンヌを語るなかれ!

他の《アニメ進撃の巨人に関する訪問地》の記事
↓   ↓
進撃の巨人で破壊される世界遺産|イタリア ピサドゥオモ広場の洗礼堂

アニメに関係する他の記事
↓   ↓
魔女の宅急便の舞台?の街、世界遺産ポルト|ポルトガルの国名由来の地

アニメ ソラノヲトのモデルになった街|スペインの世界遺産クエンカ


« スポンサーリンク »
« スポンサーリンク »
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

Return to page top